研究企画室(URA室) >プロジェクト運営

プロジェクト運営

研究企画室では、主に4つのタイプの支援業務(研究戦略支援業務、プレアワード業務、ポストアワード業務、関連専門業務)を担っていますが、さらにそれらを発展させて、様々な全学的プロジェクトや、学外機関や地域との学術的な連携プロジェクト/ネットワークの運営コアメンバーとしての役割も果たしています。

令和2年度現在では、9件になり、多くのみなさまと連携しながら活動しています。

 沖縄県内で研究機器・設備を運用する各機関が人的・知的・物的な資源を相互に活用することで、研究や開発に必要な機器や設備を強化し、研究能力や技術の向上をはかるために設立されました。

連携:研究基盤センター

担当:青山 主任URA、昆 上席URA、富永 特命教授

 海洋調査・研究を実施している各研究機関の研究情報、成果情報の共有等、連携・協力をすることで、海洋資源の開発、海洋産業の発展、海洋環境の保全に貢献するために設立されました。

連携:高度統合型熱帯海洋科学技術イノベーション創出研究拠点形成事業(ORCHIDS)

担当:昆 上席URA、富永 特命教授、河野 副主任URA

 首里城再興に向けた課題は、首里城の復元はもとより、琉球の歴史・文化、観光、伝統技術、まちづくり、教育など多岐にわたっており、これらを解決するための学際的な学術ネットワークです。

連携:地域連携推進機構地域共創企画室、大学本部

担当:富永 特命教授、昆 上席URA、河野 副主任URA

 自然科学系や社会科学系分野の研究者からなる学際的な研究チームを立ち上げ、地域の行政やNPO等の団体とともに協働・対話しながら, 私たちの住む島嶼地域の健全な水循環のあり方について考え、実践しています。

担当:羽賀 上席URA、高江洲 副主任URA

 国内外から沖縄県に流入・蔓延する可能性のある感染症の対策に関する研究を集積し、医療機関や民間機関の参入による感染症研究ネットワークの強化を行うことで、感染症研究の拠点を形成するという目標の下に実施しています。

担当:殿岡 主席URA

 国連「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」 や「琉球大学憲章」を踏まえながら、本学における SDGs への取組みを推進するために設置された室です。研究、教育、社会貢献、業務・ガバナンスの4つのワーキングチームからなり、全学的な様々な取組を進めています。

担当:羽賀 上席URA、河野 副主任URA、島袋 副主任URA

 みらいバンクは、一般患者の皆さまからご提供いただいた細胞や医療情報を適切に管理・保管し、新たな医療技術・医療製品の開発に活用する仕組みのことです。さらに、その成果を社会へと還元していくことを目的としています。本事業で構築したノウハウや体制は公開する予定です。

担当:殿岡 主席URA

準備中

With/After コロナ禍における島嶼地域の安心と安全の社会創造支援(仮)

 

 準備中

担当:島袋 副主任URA、昆 上席URA

 本プロジェクトは、再生エネルギーを利用し、ランニングコストの削減を実現する養殖施設を沖縄県中城村の浜漁港内に建設し、令和2年度に本格稼働しました。水無し活魚輸送の実証試験後、国外への本格輸出を実現することで、沖縄県の漁業における経済的安定性の確保を目指しています。

担当:島袋 特命准教授(地域共創企画室)、羽賀 上席URA、河野 副主任URA

活動内容 へ戻る

研究企画室(URA室)トップへ戻る

Copyright (c) 2015-2018 University of the Ryukyus

お問い合わせ先(メール)ura@acs.u-ryukyu.ac.jp