研究企画室SNS

研究推進機構トップ > 研究公正(研究倫理・研究費公正執行教育)

研究倫理・研究費公正執行教育

 琉球大学において研究に従事する教職員、博士研究員および大学院生等は、学内ルールにより3年度に1度「研究倫理教育」と「研究費公正執行教育」の2つのプログラム(eラーニング)を受講する義務があり、平成30年度が一斉受講年度となります(昨年および一昨年に新規採用で受講した場合も、今年度の受講が必要です)。詳しくは研究推進課のHPをご覧下さい。

 

 科学研究費助成事業(科研費)に応募しようとする場合、「研究倫理教育」と「研究費公正執行教育」の2つのプログラムを受講し、合格していることが必要です。

 

 研究倫理教育は、APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)を受講します。合格すると受講証(修了証)の印刷が可能となりますので、科研費調書(紙媒体)の学内提出時に印刷した受講証の添付をお願いします。

→ 詳しくはコチラへ(研究推進課)

→ 科研費の公募(学内手続きなど)に関してはコチラへ(研究推進課 学内限定

 

 研究費公正執行教育は、本学のWebClassによるeラーニングプログラム(本学独自教材)を受講します。合格すると誓約書のページに進むことができます。表示された誓約書を確認してチェックすることにより、Web上で提出が完了します(紙媒体の提出は必要ありません)。

→ 詳しくはコチラへ(研究推進課)

Copyright (c) 2015-2020 University of the Ryukyus