学術ネットワーク Academic Network for Shurijo Reconstruction and Renaissance 琉球大学は、学術的な立場から首里城の再興に貢献します。

写真:河野哲舟

*琉大学術リポジトリの「首里城」検索結果が表示されます

第8回 琉大未来共創フォーラム 首里城再興学術ネットワークシンポジウム 2021 開催報告

画像をクリックするとチラシのPDFをダウンロードできます。

琉球大学では、首里城再興学術ネットワークの拡充を進め、その活動の一つとして、毎年1回のシンポジウムを開催しており、今年で3回目となりました。

今回の「首里城再興学術シンポジウム2021」は、はじめて沖縄県と沖縄県立芸術大学と共同で開催し、令和3年10月3日(日)にオンラインでライブ配信をしました。また、ウェブ上でのポスターセッションも開催し、チャットにより質疑応答を実施しました。本シンポジウムの事前の申込数は170名でした。

シンポジウムは四部で構成し、多岐にわたる首里城再興に関する課題を解決するために、学生、県民、関係機関、地域社会、そして様々な分野の研究者を巻き込んだネットワークのあり方と学術的な活動について、参加者の間で活発に議論されました。

参加されたみなさん、本当にありがとうございました。また、当日の都合が合わなかった方々や、より詳細を知りたい方々は、YouTubeにて動画をご視聴下さい。

 

 

プログラム
日時・会場

タイトルをクリックすると講演要旨を読むことが出来ます。

タイトル横のYouTubeのロゴをクリックすると動画を視聴出来ます。

開会挨拶:県立芸術大学長 波多野 泉(10:00~10:10)

 

第1部:口頭発表(Zoomウェビナーにて開催 10:10~12:10)

 

①「首里城再興学術ネットワーク」について

琉球大学研究推進機構 特命教授 富永千尋

 

②『琉球文学大系』刊行事業について

名桜大学国際学群 上級准教授 照屋 理

 

③ 首里城美術工芸品の現状とこれから

一般財団法人沖縄美ら島財団総合研究センター琉球文化財研究室 室長 幸喜 淳

④ 漆工品の復元製作と後継者育成

沖縄県立芸術大学美術工芸学部工芸専攻漆芸分野 准教授 當眞 茂

 

⑤ 発掘調査成果から見る首里城正殿跡

沖縄県立博物館・美術館 主任学芸員 山本正昭

⑥ 首里城正殿復元に向けた首里城瓦に関する調査研究

沖縄県工業技術センター環境・資源班 主任技師 花城可英

⑦ 首里城復元に係る県産木材の活用について

沖縄県農林水産部森林管理課 主幹 比嘉政隆

 

⑧ 50年後、どんな首里のまちにしたいですか

- 住民目線で発信するまちづくりの提言 -

NPO法人首里まちづくり研究会 理事長 伊良波朝義

 

昼の部・開会挨拶:沖縄県知事  玉城デニー(13:00~13:10)

 

第2部:基調講演(Zoomウェビナーにて開催 13:10~13:55)

 

首里城復元の意義と課題

沖縄県立博物館・美術館館長 田名真之

 

第3部:ポスターセッション

*動画配信はありませんのでご了承下さい。

 講演要旨のみ閲覧できます。

 

 

① 首里城復興基本計画について

沖縄県知事公室特命推進課 主幹 大濵長健

②「首里城再興学術ネットワーク」について

琉球大学研究推進機構 特命教授 富永千尋

 

③『琉球文学大系』刊行事業について

名桜大学国際学群 上級准教授 照屋 理

④ 首里城再建と蔡文溥

名桜大学国際文化研究科博士後期課程院生 前堂颯世

⑤ あの世の住まいに立つ龍柱 ~近世琉球の人びとの首里城イメージ~

沖縄国際大学総合文化学部准教授/沖縄国際大学南島文化研究所 宮城弘樹

 

⑥ 首里城美術工芸品の現状とこれから

沖縄美ら島財団総合研究センター琉球文化財研究室 室長 幸喜 淳

⑦ 漆工品の復元製作と後継者育成

沖縄県立芸術大学美術工芸学部工芸専攻漆芸分野 准教授 當眞 茂

 

⑧ 平成の首里城復元

沖縄県立博物館・美術館主任学芸員 宮城 修

⑨ 首里城正殿復元に向けた首里城瓦に関する調査研究

沖縄県工業技術センター環境・資源班 主任技師 花城可英

⑩ 非破壊的な理化学分析による首里城瓦の製作技術の変遷の解明

琉球大学博物館(風樹館)助教 佐々木健志

⑪ 放電プラズマ焼結法を用いて首里城破損瓦をリサイクルした

セラミックスについて

琉球大学大学院理工学研究科 院生 新城友秀、琉球大学工学部 学生 三宅正将

琉球大学工学部 准教授 神田康行

⑫ 首里城復元に係る県産木材の活用について

沖縄県農林水産部森林管理課 主幹 比嘉政隆

⑬ 首里城正殿再建に使用する県産木材の基準強度評価プロジェクト

琉球大学工学部 教授 カストロ ホワンホセ

 

⑭ 50年後、どんな首里のまちにしたいですか

- 住民目線で発信するまちづくりの提言 -

NPO法人首里まちづくり研究会 副理事長 平良斗星

⑮ 複層的な首里歴史まちづくり

- 城下町首里の都市形成史と水と緑のランドスケープ-

琉球大学工学部 教授 小野尋子

⑯ 複層的な首里歴史まちづくり

- 首里「瑞泉」環境をSTEAM/SDGs教育に活用するプロジェクト-

琉球大学理学部教授 古川雅英

 

 

第4部:パネルディスカッション:学術ネットワークの役割

~首里城の復興、まちづくり、琉球文化のルネサンス~

(Zoomウェビナーにて開催 15:15~16:25)

 

口頭発表、ポスターセッションで紹介された様々な取り組み、基調講演での提言などを踏まえて、首里城の復興、まちづくり、琉球文化のルネサンスに向けたこれからの取組と学術ネットワークの果たす役割について、パネリストからご発言いただきました。

 

①田名真之(沖縄県立博物館・美術館 館長)

②下地芳郎(沖縄観光コンベンションビューロー 会長)

③小林純子(沖縄県立芸術大学美術工芸学部 学部長)

④いのうえ ちず(首里まちづくり研究会 副理事長)

⑤島袋芳敬(沖縄県 政策調整監)

⑥木暮一啓(琉球大学 理事副学長:ファシリテーター)

 

 

閉会の挨拶:西田 睦 琉球大学長(16:25〜16:30)

 

計画

歴史文化

収蔵品

正殿

まち

計画

歴史文化

収蔵品

正殿

まち

日時

令和3年10月3日(日)
10:00〜16:30

 

開催形式

 オンラインのみ

(会場での対面式の開催はありませんでした)

ウェブ配信中

第1部 口頭発表

第2部 基調講演

第4部 パネルディスカッション

YouTubeのロゴをクリックすると動画を視聴出来ます。

みなさま、ご参加ありがとうございました
首里城再興 学術ネットワーク 琉球大学 首里城ネットワーク担当 お問い合わせ先(メール)shuri_net@acs.u-ryukyu.ac.jp